「イエローミッキー*ママ」 前回の産仔日から約1ヶ月
またまたお腹が膨らんでいたので、6/18(木)に、Babyたちの楽園水槽へ移動
 ( いつものように、出産用のカゴの中 )

.。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

6/22(月)の朝
イエローミッキーママのお腹がスッキリしているようだったので
楽園水槽内を 虫眼鏡で覗いてみると 3度目の出産

日曜日に「楽園水槽」の水を半分くらい換えたので
少し出産が早まったのかも・・・

今回は、10匹位かなぁ~ 未確認 )
2020.6.22CA-pr

ショック&ショック
今回も またまた産仔の瞬間を見逃しました

.。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

前回は、、、
5/26(火) Babyたちの楽園水槽内を 覗き込んでみたら
超ミニマムたちが、ちょろちょろと泳ぎ回っていました
2020.5.27CA-MBaby3

.。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

~ 追 伸 ~
餌はみんな良く食べるし
 稚魚たちが順調に育っているものだと思っていたら

「変な泳ぎ方だなぁ 」と思って
  虫眼鏡で観察すると
 しっぽがしぼんで尖がった状態になる「針病」とやらになっていました。

虫眼鏡で見ながら、しっぽが尖った稚魚をスポイトで吸い上げ
20匹位の稚魚を「隔離」して
超薄めの塩浴をさせながら様子を見ること数日

弱った 稚魚が5匹くらい★★★★★になってしまいましたが
直りかけている 稚魚もいました。

ネットで調べたら
 水槽自体を殺菌したほうが良いとのことだったので
 元気な稚魚たちを、新しい水を調整して用意した別の容器に移し
 針病の稚魚たちも、別の容器に新しい水を作って移し
 楽園水槽を殺菌処理して、あらたな水(薄めの塩入り)を作ってから
 「元気な稚魚」と「針病の稚魚」を一緒の水槽に移しました

  感染しないか心配だったけど
     みんな食欲旺盛だったので
       大丈夫だろうと意を決して



殺菌効果がでたようで、数日後には
しっぽが尖っている稚魚は見当たらなくなりました

みんな元気に 食欲旺盛な日々・・・
たまに、冷凍赤虫を細かくしてあげると
ちょっと長めの赤虫を加えたまま泳いでいる 稚魚が、、、

可愛くて 微笑ましい

.。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

熱帯魚メイン水槽に移した「 稚魚たち20匹」は・・・
パパ&ママプラティやテトラたちと餌を奪い合いながら
日々成長しております
最初に生まれた「レッドプラティ*Baby3匹」は
約4ヶ月 体長2cmほどになりました。
みんな(1.5cm~2cm弱)に成長しております

.。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○